多汗症の原因と自律神経の関係について

世界でいちばん面白い幼児教育 > 注目 > 多汗症の原因と自律神経の関係について

多汗症の原因と自律神経の関係について

2017年9月12日(火曜日) テーマ:

多汗症は気質的な問題や精神的な抑圧状態から、重圧や気持ちの昂ぶりといったメンタル面が引き金となってエスカレートする疾患と言えます。

多汗症の発汗は体中どこでもということではなく、人によって顔であったり、、脇の下や、手のひら、足の裏だけという場合も往々にして見受けられます。

これらは、精神性発汗と呼ばれており、健康なカラダの人であっても、日頃とは異なるプレッシャーや緊張感の中では、汗をかきやすくなるいます。

多汗症の症状に悩んでいる人は、汗をかくということが気になるあまり、気持ちが不安定になってしまったり、鬱状態になるなど、汗をかくという直接的な影響だけではなく、精神面でも辛い状況に陥ってしまうことがあります。?

そもそも、汗をかくやすくなっている原因として言われているのは、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスが乱れていることにあるようです。

緊張やストレスなどで手のひらに汗をかきやすくなっているという方は、外科的療法よりも、まずは自律神経の乱れについての理解を深めることから、始めたほうがよいようです。

私は、こちらのサイトを参考にして、掌の汗の改善をしました。

わきが改善方法でこれから試して欲しいこと


関連記事

多汗症の原因と自律神経の関係について

多汗症の原因と自律神経の関係について

2017年9月12日(火曜日)

デリケートな問題

デリケートな問題

2015年11月 2日(月曜日)

これだけやれば英語は平気

これだけやれば英語は平気

2015年9月29日(火曜日)

プロポーズで喜んでもらいたいので

プロポーズで喜んでもらいたいので

2015年3月21日(土曜日)

結婚式余興フラッシュモブでサプライズ

結婚式余興フラッシュモブでサプライズ

2015年3月19日(木曜日)