目からウロコの出産祝い解決法

FXで取り扱いが多いユーロについて

2019年6月 5日(水曜日) テーマ:ネット

外国為替証拠金取引いわゆるFXで取り扱いが多い通貨の一つであるユーロについての解説です。

EU加盟国で公式に採用されている単一通貨です。ユーロ圏の経済規模は大きく米ドルにつぐ第二の基軸通貨といわれています。円との通貨ペアでも売買しやすいと言われていますので、FX初心者にも扱いやすいのではないでしょうか。

ただ、国によっては景気が悪く情勢が不安定だったり統一が不十分であったりする所もあります。こういった国が足を引っ張ったりしていてここのところユーロ高が低迷している理由の一つとも言えます。これからどんどん景気が悪くなる国も出てきてレートにも影響を及ぼすでしょう。

ユーロのレートを読むにはいくつかのポイントがあります。まずは米ドルの影響です。米ドルの値が下がると、一般的にはユーロが買われ値上がりする傾向があります。米ドルとは逆の動きをしやすいといえます。とはいえ一概には言えませんので、初心者は要注意です。

そして、EU主要国の情勢特に、ドイツ、フランス、イタリア、スペインなどの主要国の影響です。ただ、情報が多いことからトレンドに乗りやすい通貨とも言えるので、初心者には取引がしやすいのではないでしょうか。特に日本とのペアでは複雑なことがなく上げ下げも比較的予測がしやすいので、無理をしなければ大損するということはありません。もちろん他の通貨同様に無理の無い取引を心がけていかなくてはいけませんが、それでも円とのペアだと初心者には比較的扱いやすい通貨の一つと言えるでしょう。

FX VPS